読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hane’s diary

3姉妹の母として経験した事を書き留めていきます。

下克上受験

みなさん見ましたか?


私は子供達と毎週楽しみにしていました。


下克上受験に出てくる「かおりちゃん」が中学受験を決めたのが5年生の時。

ちょうど、うちの長女が5年生なので「もし今中学受験をすると決めればこんな流れになるんだなぁ」と少し妄想しながら見ていました。


長女のお友達も、夏頃から中学受験をする為に塾に通い出す子がちらほらいたり…


私は中学受験は全く考えていなかったけど、こんなドラマを見てしまうと親の欲目が出て、受験もありかな?

なーんて、思ってみたり。


そんな矢先に長女が「私も中学受験しようかなー」と!!!


ちなみに、私の最終学歴は短大卒。

旦那は高卒。

ドラマ程ではないですが、まぁ下克上受験!


で、私も乗せられたかのように、中学受験について調べてみました。

娘が受けたいと言った学校の事。

受験の為に何をすべきか。

などなど。


結果「下克上受験する為に必ず必要なもの」

がある事に気付きました。


お金です(苦笑)


結局、お金ですよ。


親の年収と子供の学歴は比例するって結果が出ているように、受験にはお金がかかるんです。


私立の中学校の入学金、学費、施設費、寄付金、凄い額でした…


受ける事は出来ても、通わせる事は出来ない。


情けないですが、そう思いました。


これが負の連鎖なのかと実感しました。


あのドラマでも、それを断ち切る為の受験だと言っていましたが、それを実際にする事は容易ではありません。


うちには3人子供がいます。


1人なら何とかなるかもしれませんが、3人私立中学に通わせる為には、年収が今の倍ぐらいないと無理だと思います。


ドラマの中でも、家賃が払えなかったり、電気を止められたりと、決してお金に余裕はないのに、中学受験して私立中学校に通う事になった時のお金は???

と後半はそれがずっと気掛かりでした(笑)


結局は本が売れた事で、その心配もなくなったんでしょうが、そんな上手い話は稀ですもんね。


子供に「下克上受験」させるには、親がまず「低学歴から成り上がる」必要があるって事です。


それで、うちの娘の話に戻りますが、受験したい理由を聞いてみると「○○ちゃんが受けるから」と。

その子と同じ中学校に行きたいんだそうです。

それを聞いて、私の中で疑問が…

「じゃあ、2人で同じ学校受けて、もしあなただけが受かったらどうするの?」と聞いてみました。

娘はハッとして「それ最悪」と…


まぁ結局、特定の誰かより、みんなと同じ学校の方が良いか!って事になりました(笑)


受験シーズンも終わり、みなさん新しい道を進む時ですね。

どんな道でも、自分で決めた道ならば悔いはないと信じています。